1ST_OPENFORAM

 テーマ 

 金融ネットワークのシステミック・リスク

 趣 旨 

現代の金融や経済を取り巻く事象の特徴は、「金融ネットワークのシステミック・リスク」の急拡大にあるといって過言ではない。社会・経済・金融がグローバルにつながり、金融機 関の間をリスクが瞬く間に伝搬する構造になっていることから、システミック・リスクの把握と管理が個別の金融機関の経営においても、金融監督においても不可欠になってきてい るわけだ。しかしながら、我が国において、システミック・リスクについて十分に理解が広まっているとは言い難い。そこで、銀行、金融機関、金融監督当局などの実務ご担当者のみなさまの間でシス テミック・リスクに対する考え方を共有する場を提供することを目的に、オープン・フォーラムを開催する。フォーラムでは、システミック・リスクの最先端領域のご紹介をし、実務に直結 する内容となることを狙いとする。

 日時(予定)

 第1回 平成27年 10月 5日(月) 18:00~20:00

 第2回 平成27年 10月26日(月) 18:00~20:00

 会場

 東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター 中教室

アクセス

東京都文京区本郷7-3-1

 主催

 金融ネットワーク研究会・オープンフォーラム事務局


 共催

 一般社団法人 金融財政事情研究会


 参加費

 無料


 申込み方法

 当日、直接会場でお申込み下さい。(事前登録は不要)


 プログラム

  • 第1回 平成27年 10月 5日(月)
    • 講演1 18:00-19:00(質疑時間15分含む)

    • 講師:和泉潔(東京大学工学系研究科 准教授)
      演題:株式市場丸ごとシミュレーションによる市場型システミックリスクの分析
      講演概要:
      2012年12月より開始した東京大学と日本取引所グループの共同研究の最新成果を紹介しながら、経済実務の現場と工学技術の研究開発の融合(経工連携)への取り組みの可能性と課題について解説する。具体的には、ティックサイズ変更等の市場制度のテストを人工市場シミュレーションで事前評価した事例や、金融機関への規制が市場の安定性に与える影響をシミュレーションにより分析した事例を紹介する。
      講師紹介:
      東京大学教養学部基礎科学科第二卒業。東京大学大学院博士課程修了、博士(学術)。電子技術総合研究所(現 産業技術総合研究所) を経て、2010年より東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻准教授。専門はマルチエージェントシミュレーション、社会シミュレーション。人工知能学会、情報処理学会会員。

    • 講演2 19:00-20:00(質疑時間15分含む)

    • 講師:竹山梓(日本銀行)
      演題:システミックリスクの計量化:資金流動性と市場流動性の依存関係の検証
      講演概要:
      システミックな流動性リスクの顕現化の一例として、個別の市場参加者の資金繰りの状態を表す「資金流動性」と金融商品の売買の容易さを表す「市場流動性」が同時に低下していく局面についての計量分析を行う。
      講師紹介:
      日本銀行金融機構局企画役。2003年入行後、考査局、金融研究所などを経て現職。金融システム調査、金融機関のモニタリング、金融工学・金融経済学のシステミックリスク分析への応用の研究、実地考査などに携わる。Ph.D.(Computational Economics、Essex)。

  • 第2回 平成27年 10月26日(月)
    • 講演3 18:00-19:00(質疑時間15分含む)

    • 講師:森平爽一郎(早稲田大学ファイナンス研究科 教授)
      演題:システマティックリスクとイベントトレーディング
      講演概要:
      システマティックリスクとは、経済全体に影響をあたえるようなリスクであり、分散投資によって除去できないようなリスクを指す。そうしたリスクとしては、グローバルな経済危機や自然大災害がある。イベントトレーディングとは、こうした状況下におけるトレーディング戦略を指す。この報告では、東日本大震災を例にとって、大災害が生じた時にイベントトレーディングの効果を、状態空間モデルを用いて検証した結果をしめす。
      講師紹介:
      テキサス大学オースティン校経営大学院博士課程修了、博士(ファイナンス)。福島大学経済学部助教授、慶應義塾大学総合政策学部教授を経て、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授。日本保険年金リスク学会(JARIP 会長、論文誌編集委員、理事ほかを歴任)、日本不動産金融工学学会(評議員、論文編集委員)、日本リアルオプション学会(理事、論文誌編集委員長)、日本ファイナンス学会(理事)、日本金融証券計量工学会、日本ファイナンス学会、日本FP学会、経営財務研究学会等会員。

    • 講演4 19:00-20:00(質疑時間15分含む)

    • 講師:前野義晴(日本電気株式会社)
      演題:金融ネットワークがシステミックリスクに与えるインパクト
      講演概要:
      銀行間のつながりをネットワークとしてモデル化する最新の分析方法を紹介する。シャドーバンキングやクレジットデフォールトスワップによるリスク移転が金融危機を誘発するメカニズムについて述べる。
      講師紹介:
      東京大学理学部物理学科卒業、筑波大学大学院ビジネス科学研究科修了。博士(システムズ・マネジメント)。日本電気株式会社情報・ナレッジ研究所 主任研究員。専門は、ネットワーク理論、複雑性科学、確率過程論とその金融、経済、社会現象への応用。